食品の寄付・ご支援のお願い

食品の寄付(寄贈)

NPOあかりでは、自立準備ホーム ・臨時避難シェルターを運営しております。
食料に関しては、スタッフが栄養の事や、予算も考慮しながら、品を選んで定期的に利用者のもとに届けておりますが、まだまだ満足いく状況ではありません。

そこで、食品を扱われている企業様・個人様で、賞味期限残2ヶ月以上の常温管理可能な食品、およびお米の寄贈をお願いいたしたく、ご案内をさせていただきました。御社の廃棄ロスにも貢献いたしますし、食品の管理については、厳格に管理いたします。
ご寄贈については事前に合意書を締結させて頂きますので、まずはご連絡いただけたらと思います。

寄贈をお願いしたい食料

まだ充分食べられるのに、販売できなくなった食品の御寄贈をお願い致します。
常温で保存でき、賞味期限が原則2カ月以上あるものをお願いしております。
手続きに関する書類を添付しましたので、ご一読頂き、 NPOあかり まで、ご連絡をお待ちしております。

ご寄贈頂きたい食品

常温で保存できるもの。開封されていないもの。
賞味期限が明示され、残り2カ月以上あるもの

例えば

主食になるもの
(お米・パスタ・めん類・カップめん・クラッカーなど)
おかずになるもの
(惣菜のかんづめ・レトルト・びんづめ・甘口カレーなど)
その他 
お菓子・フルーツのかんづめ・びんづめ・調味料など

お受けできない食品

アルコール類(お酒・みりんなど)
生鮮食品 冷凍・冷蔵食品
賞味期限の記載のないもの
開封されたり外装が破れているもの

ご連絡・打ち合わせに関して

まずは、下記のお電話番号か、メールフォームにて、ご連絡をお願いいたします。
打ち合わせ等が必要な場合は、御社に説明に伺うことも可能です。

特定非営利活動法人入居困難者路上生活者支援あかり
理事長  山本 孝男

NPOのホームページを見たと言って下さい086-201-5889受付時間 10:00 – 22:00 [ 365日 ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

NPOあかり の最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

山本孝男
山本孝男
特定非営利活動法人 入居困難者路上生括者支援あかり 
理事長 山本孝男
ホームレス状態に置かれた方々、ホームレス状態になる恐れのある方々、 住居の確保が困難な方々の入居、生活及び就労を支援するため、当NPO法人を立ち上げました。

多くの方に、ご相談いただいています

住まいと生活の無料相談室スタート

NPOあかりでは、無料相談室を開設しました。
あなたは、このような事でお困りではないですか?
*社会の中で、自立をするための基盤となる住むところがない。
*どこの不動産屋さんでも住居が借りれない。
*一時的に避難できるシェルターを探している。
*生活をするための住居、食事、衣類のことで困っている。